アクセスと宿泊


モルティブへのアクセス:

日本からモルティブへの空路はスリランカ航空、シンガポール航空、マレーシア航空などが一番人気かと思いますが、他にもカタール、エミレーツなども。 つい最近まで、成田-マレ直行便がスリランカ航空でありましたが、2012年4月から無くなってしまったようです。

下記がマレに乗り入れている航空会社となります。 海外出張ついでに行くなんてのも良いかもしれません。私達自身、インド・バンガロールから週末プラスαモルティブバケーションを何度かしました。中国からも結構飛んでいるんですね。ちなみに中国からのモルティブへの観光客は毎年凄い勢いで増えているので、中国経由なんてのも有りかもしれません。
 

北・南マレ環礁のリゾートですと、大体リゾート所有のスピードボート(34フィート)にて空港から移動になります。 こちらは夜でお移動が出来ます。片や、他のリゾートですと水上飛行機での移動になり、この水上飛行機夜は飛ばないので、夜着の飛行機ですと、空港島若しくは船で渡った首都マレの島に泊まって翌朝の移動となり、最終日も午後移動で夜便に間に合わせる事が多くなります。厄介なのが、この水上飛行機の予定は前日夕方まで決まらないので、釣行初日と最終日は思ったより釣りに時間を使えない事がありえますので、短い旅程ですと水上飛行機前提の日程はあまり向いていないかもしれません。

国内の移動では、他に通常ジェット機での国内線もあり、これは夜についてそのまま乗り継ぐ事も出来る場合もあります。最北端ハーダール環礁にあるハニマデュ空港とか、南部ラーム環礁カッドゥ空港、ガーフダール環礁カーデッドウ空港、シーヌー環礁ガン空港などがあります。 
 

水上飛行機や国内線を使った遠方への遠征も喜んで受付させて頂きますが、ボートを事前に移動させる必要があるためガソリン代、クルー日当、宿泊代などがサーチャージとして掛かって参ります。 例えば、先月行ったヌーヌ環礁遠征(ヒルトンイルフシ)ですと往復で700リットル(750ドル程度)程の燃料が片道直線距離180キロ(往復360キロ)で掛かって参ります。クルー用のゲストハウスは50ドル程度だったかと記憶しています。

後、マレからそれ程遠くないにも関わらず、水上飛行機移動が想定されているリゾートもあります。アリ環礁などでもそうですが、出来るだけ釣りをする時間を最大化するために、私どものスピードボートにて移動して頂くことも可能です。ホテル所有のボートと違い夜の移動はできませんが、翌日早朝にホテルにお迎えしてスーツケースと一緒に既に釣りの用意はして頂き、釣りをしながら移動する、若しくは最初にホテルに荷物だけ置いて釣りに行くことも可能です。

 

モルディブへの移動、航空会社などに関する注意点、問題点などをブログに纏めましたので、御覧下さい: http://gtfishers.doorblog.jp/archives/24245169.html


 

モルティブでの宿泊:


宿泊施設ですが、リゾートが一番一般的ですが、外部のボートのアクセスが出来るところと出来ないところがあるので、それは事前にチェックが必要です。既に、承認を頂いているリゾートも中にはあります。

釣りだけに徹するのであれば改めて高いリゾートに泊まる必要も無いので、マレにあるブティック・ビジネスホテルなどに泊まれば部屋あたり80ドル前後で大丈夫です。
ただ、リゾートホテルでないとイスラム国家であるからして、アルコールが一切ありません。空港ホテルのフルフレは唯一リゾート扱いでアルコールがありますので、どうしても飲みたい方はそちらに飲みに行っても良いかもしれません。フルフレ自体はリゾート並みに高いので、ここに泊まるなら安めのリゾートに泊まった方が良いかもしれませんが、利便性は高いので既にここベースのお客様が数組いらっしゃいます。
 

最近は、リゾートではないゲストハウスが多く建てられていまして、こちらですとマレのホテル並みの値段でリゾートのような綺麗なところも中にはあるようです。一部既に提携しているゲストハウスもあり、今他に関しても交渉を始めていますので、お問い合わせください。(基本、日本国内のお客様は旅行代理店を通して予約をいただいています。常時、最新の情報を代理店には出して参りますが、特別にここに行きたいなどというリクエストがありましたら、それに合わせて現地で調査することも可能ですので、お問い合わせください。ゲストハウスでのアルコールは場所によって違うようです。


マレ発着の国際便:

Airlines Destinations   Airlines Destinations
Aeroflot Moscow-Sheremetyevo   Air India Bangalore, Thiruvanathapuram
Alitalia Seasonal Charter : Milan-Malpensa   Arkefly Seasonal : Amsterdam
Austrian Airlines easonal : Vienna   Bangkok Airways Bangkok-Suvarnabhumi
British Airways London-Gatwick   China Eastern Airlines Colombo, Kunming
China Southern Airlines Guangzhou [resumes 28 April 2012]   Condor Frankfurt
Edelweiss Air Zürich   Emirates Colombo, Dubai
Etihad Airways Abu Dhabi   Hainan Airlines Beijing-Capital
Malaysia Airlines Kuala Lumpur   Maldivian Gan Island, Hanimaadhoo, Kaadedhdhoo, Kadhdhoo, Thiruvananthapuram
Mega Maldives Beijing-Capital, Chongqing, Dhaka, Gan Island, Hong Kong, Seoul-Incheon, Shanghai-Pudong   Meridiana Fly Bologna [ends 6 May 2012], Milan-Malpensa, Rome-Fiumicino
Monarch Charter : London-Gatwick   Neos Seasonal Charter : Milan-Malpensa, Rome-Fiumicino
Oman Air Muscat   Qatar Airways Doha
Oman Air Muscat   Qatar Airways Doha
Shanghai Airlines Shanghai-Pudong   Sichuan Airlines Chengdu
Singapore Airlines Singapore   SriLankan Airlines Colombo, Zurich [ends 30 April 2012]
Thomson Airways London-Gatwick, Manchester